2017年07月21日 「そうだ!婚活してみよう。〜第三夜〜」




そうだ!婚活してみよう 第三夜〜!!!

パチパチパチパチ☆」

   
「い、いつの間にかシリーズ化されてる!?」
「それでは、今宵も張り切ってまいりましょう♪」
   
「・・・・・・・・・・・・。」



【前回の『そうだ!婚活しよう。 第二夜』はこちらからどうぞ。】




  
 

 
「んじゃあ、さっそく、前回の最後に届いたメッセージを見てみようか。」
   
「ですね。」
「ホッホッホ・・・わたしともあろう者がドキドキしてきましたよ。」
   
「それでは、いきますよ。」
「あいあい。」
   
「せーの!!」










  
「ボカシー!!」
 


 
「アドボカシー!!」



 




 
「み、見えんッ!!!!!!」
   
「そうきましたか・・・」
「顔写真と違って、ここまでボカされると、流石にわからないね。」
   
「普段からボカシには散々慣れ親しんでるつもりでしたが、まさかこの程度のボカシで見えなくなるなんて・・・」
「いやいや、それ口に出しちゃダメなヤツだから。」
   
「最近のボカシは、薄いのが多いですからね、温ま湯につかり過ぎて目が衰えたかな、はっはっは。」
「堂々と何言ってんだよ。」
   
「ただ、これを見る限りでは、結構長めのメッセージみたいですね。」
「確かに。なんて書いてあるのか気になるね。」
   
「もしや、愛のメッセージが込められてるのでは!?(≧▽≦)」
「最初のメッセージから愛の告白してくるなんて、逆に危険だよ・・・」
   
「まぁ、何はともあれ、選択肢としては1つしかありませんかね。」
「だね。」
   
「んじゃ、いきますか。」
「あいあい。」
   
「せーの!!」






















  
   
「有料会員になったんでー!!」
「おー、写真のボカシが消えたー!!」
   
「見える、見えるぞ!私にも顔が見える!!」
「オーエス、オーエス!!」
   
「これでさっそく、さっきのメッセージ見られますね。」
「だね。」
   
「よっしゃー!野郎ども準備はいいか!?」
「あいあい。」
   
「せーの!!」







※ お相手の顔と名前は伏せてあります。




  
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「・・・・・・・・あれ?」
「・・・・・・・・短くないか?」














  
「ぼかしと一緒に、メッセージの文字も消しちゃったのかな・・・」
   
「なに、その迷惑な仕様・・・」
「結局どんな内容のメールが来ていようが、無料会員にはあの画像が表示されるって寸法か。」
「恐らく・・・」
「運営サイドの手の平の上で踊らされてたってことか。」
   
「恐らく・・・」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」







_| ̄|○
 




 
「あんなにはしゃいでいた5分前の自分をぶん殴ってやりたいです・・・」
「でもさ、メッセージが来ていた事は事実だから、何もそう悲観することはないんじゃない!?」
   
「!!!!!」
「ここから始まる恋愛だってあるかもしれないんじゃない!?」
   
「それだ!!」
「ちょっと、ネットで体験談とか調べてみるよ!!」
   
「うぉー、俄然燃えてきたぜ!!」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「さぁ、さぁ、体験談プリーズ♪」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「・・・・・あれ、どうかしました?」





「・・・・・女性は1日に複数の『挨拶』を受けるため、やり取りを希望しない相手の場合には、無視するか、『ありがとう』とだけ返事を送るのが一般的です。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「その場合、あなたに興味を持たれていないと思われますので、諦めて次にいった方が良いでしょう。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「何か、ごめん・・・」
   
「早い、そして儚い・・・」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・ボク、男ノ子ダカラ、泣カナイヨ?」






  ってことで、この続きはまた次回、気が向いたら書きます。
なかった場合はお察し下さい。 
 





▲ ページ TOP





2017年07月16日 「栄光時代はいつだったっけ・・・」



 
 
「オヤジの栄光時代はいつだよ・・・

全日本のときか?
「・・・・・・・・・・・・。」
 



 
「オレは・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「生まれた瞬間なんだよ!!」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「この世に生を受けた翌日から、ずっと消化試合をさせられるだけの人生なんて・・・」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「なんで、平等であるはずの人間なのに、こんなに格差が生まれるんでしょうね・・・」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・仕方無いでしょ?」
   



「世界は残酷なんだから・・・」





▲ ページ TOP





2017年07月09日 「そうだ!婚活してみよう。〜第二夜〜」




「ってことで、『そうだ!婚活してみよう 第二夜〜!!!』

パチパチパチパチ☆」

   
「なに本人の許可なく勝手に始めようとしてんすか・・・」
「ほらほら、君の不幸話を待ってる人もいるみたいだしさ☆」 
   
「なんで最初から不幸って決めつけてんすか・・・」
「え、違うの?」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「わ、わかりましたよ、話します、話しますって。」
「ちっ、どうせ話すんだったら、最初から勿体ぶんじゃねーよ。」
   
「なんたる言い草・・・」




【そうだ!婚活しよう。 第一夜はこちらからどうぞ。】



  
 

 
「ってことで、いろいろな『ネット婚活サイト』を探す中で、ネット上での評判も高い『ブライダルネット』に登録することにしました。」
「そのサイトって、どういう事が出来るの?」
 
 
「まずは趣味や仕事など、自分のプロフィールを登録すると、細かい条件指定をして、条件に一致する女性を検索することができるようになるんです。」

「ふむふむ。」
 
 
「そこで気になった女性がいたら『あいさつ』を送って、その女性が『あいさつ』を受けてくれる事で、初めてその相手とメッセージのやり取りが出来るようになるんです。」








  
   
「まぁ、要するに、有料でちょっと安全な出会い系サイトみたいなもんか。」
   
「そんな身もふたもない事を言わないで下さいよ・・・」
「でも、出会い系サイトにしては、ちょっとシステムが特殊なんだね。」
   
「だから、出会い系サイトじゃないですってば・・・」
   
「まぁ、確かにシステムが少し特殊なので、まずはこのシステムに慣れる必要があるなーと思ったので、最初は『無料会員』のままで、スタートする事にしました。」

「有料会員と無料会員とでは、何か違ってくるの?」
   
「自分も全部を把握してるわけではないですけど、検索や操作の一部に制限があるのと、あとは最大の違いはコレですね。」











  
   
「ぼ、ぼかし!?」
   
「無料会員の状態で異性を検索すると、写真を公開しているメンバーの顔に、ぼかしが入っちゃうんです。」
「流石に、これだとちょっと厳しいね・・・」
   
「でもまぁ、常日頃から各種雑誌やDVDで、ボカシには慣れ親しんでますので、全く苦にはなりませんけどね ( ̄ー ̄)ニヤリ」
「いやそれ、胸はって言う事じゃないから・・・」
   
「実際に検索してみるとわかるんですが、何気に20代前半の若い女の子の登録も多いんですよね。」
「そんな若いうちから、婚活始めてるのか。」
   
「ってことは、これって、10歳以上年下のお嫁さんをもらう事も可能ってことですよね?」
「まぁ、うまくいけばね。」
   
「ってことは、ってことはですよ!?」
「うん。」
   
「リアルママは小学4年生ってシチュエーションも、夢じゃないって事ですよね!? (≧▽≦)」

「ってかそれ、リアルに犯罪だから。


あと、ネタが古過ぎるよ・・・」
   
「もうこうしちゃいられねー!!気になった女性に片っ端から『あいさつ』送りまくりじゃあ!!」
「いってらー」



−−− そして、3日後 −−−









_| ̄|○
 




 
「な、なぜだ、何故こんなに『あいさつ』をしているのに、誰も受けてくれないんだ・・・」
「市場価値の低さよ。」
   
「うぅ、相手に挨拶されたら、ちゃんと返すようにしなさいって、学校で教わらなかったのかよ・・・(/_<)」
「まぁ、それとこれとは、全く別の話だから。」
   
「いたいけな男子に対して、こんな仕打ちはあんまりだ・・・」
「まぁ、いたいけな男子っていうか、単なる独身のオッサンだけどな。」
   
「うぅ・・・ (/_<) 」
「・・・・・あれ、1件メッセージが届いてるよ?」
   
「なぬ!?」







  
   
「HAHAHAHA!!遂に来たぜ、この時が!!!!!」
「おー、ねばった甲斐があったね。」
   
「ちっ、どうせメッセージよこすんだったら、最初から勿体ぶんじゃねーよ。」
「なんたる言い草・・・」
   
「それでは、早速メッセージを開封してみましょう♪」
「あいあい。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
   
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
 


 
「こ、これは!?」



  ってことで、この続きはまた次回、気が向いたら書きます。
なかった場合はお察し下さい。 
 





▲ ページ TOP





2017年07月02日 「涙の数だけ・・・」



「涙の数だけ強くなれるよ〜♪」
   
「おっ、懐かしい曲ですね☆」
「この原理でいけば、雪ちゃんって相当強い人間だよね。」
   
「え、そうですか?」
「絶対そうだって。保証するよ☆」
   
「そ、そうですか。そんな言われると照れちゃいますね☆ 確かに、これまで・・・」

月宮あゆから始まり、真琴、観鈴、美凪、マルチ、瑞佳、古河渚など、これまで数え切れないくらいの涙を流してきてるじゃん☆」
 


 
「・・・・・・・・そんな涙でよければ、無敵ですけど?」





▲前回の懺悔をおさらいしとく?






最新情報 & 更新情報

2017.06.16  名作ファミコンアクション 『月風魔伝』 攻略レビュー アップしました。

2016.05.23  遊べるPCゲーム 『天結いキャッスルマイスター』 攻略レビュー アップしました。

2016.05.13  ファミコン末期の名作ゲーム 『ジャストブリード』 攻略レビュー アップしました。

2017.05.01  PCエンジンの異端児『ラストハルマゲドン』 攻略レビュー アップしました。

2016.04.16  3DSの名作ゲーム『閃乱カグラ -Burst-』 攻略レビュー アップしました。

2017.03.30  遊べるPCゲーム『呪いの魔剣に闇憑き乙女』 攻略レビュー アップしました。

2017.03.26  第26回 伝説のクソゲー『摩訶摩訶』 攻略レビュー アップしました。

2017.03.06  ゲームボーイの名作 『Sa・Ga2(サガ2)秘宝伝説』 攻略レビュー アップしました。