『ゼロヨン チャンプ』攻略レビュー
〜行こうぜ、スピードの向こう側へ・・・〜


                

※ 微妙なネタバレを含んでますので、気になる方は「戻る」ボタンをポチッとな。




「さてさて、今回はPCエンジンが生んだ、至極の名作ゲームを紹介しようと思います。」
「確かに、PCエンジンは、何気に名作ゲーム多いしね。」
「『コイツ』との初めての出会いは、忘れもしない小学校高学年の時じゃった・・・」
「え?なんで、急に昔話口調!?」
「何でもないような顔をして、まだ幼かった当時の自分に近寄ってきた『コイツ』は・・・」
「・・・・・・・・・・・・。」




「平気な顔して、俺の琴線を鷲掴みにしやがったんだ!!」


「・・・・・・・・・・・・。」
「そんな至極の名作ゲームの正体は、コイツだ!!」



『慟哭 そして・・・』(セガサターン) タイトル画面
タイトル ゼロヨンチャンプ
ジャンル レースゲーム
発売日 1991年3月8日
対応機種 PCエンジン (HuCARD)
発売元 メディアリング



「お、このサイトでレースゲームを紹介するなんて珍しいね。」
「ふっふっふ、これはレースゲームであってレースゲームにあらず!!
「ん?」
「これは、レースゲームの名を借りた、全く新しいジャンルのゲームなんです。」                    
「え、なに?どういうこと?」




「トランキーロ!!」



「え、え、なに? それこそどういうこと?」
「何って、新日本プロレスの内藤哲也選手の決め台詞じゃないですか。」
「いや、全く存知上げませんが・・・」
「これからじっくり紹介していくから『焦んなよ』ってことですよ ( ̄ー ̄)
「プロレスヲタのドヤ顔は、マジできついな・・・」
「ってことで、早速レビューを開始するぜ、カブロン!!」
「今回はいつも以上について行けそうもない・・・」



※ ちなみに、『トランキーロ』とはスペイン語で『焦せるな』って意味です。
    同じく『カブロン』は『バカ野郎』って意味で、共に新日本プロレスのプロレスラー内藤哲也の決め台詞です。
   






【ストーリー】
         ある日、親友と夜の公道を『MR−2』で飛ばしてたところ
         そのスピードを遙かに超える速度で、隣をぶっちぎっていく1台の車と出会う。
         その謎を突き止めるため、その車の後をつけたところ、彼らの目の前に広がる光景・・・
         
         それが『ゼロヨンレース』。

        それは、 スタートからゴールまでのわずか400Mという短い距離の中で
        己の全てをかけて、最速を目指すという異色のレース。

        化け物じみた速度で駆け抜け抜けるレースに、主人公は一瞬にして心を奪われる。
        そして、このゼロヨンレース界でのチャンピオンになることを心に誓う。

        ――ー 18歳の4月。
        全ての伝説は、ここから始まった。





「まぁ、わかりやすくNMB48風に言うならば

 『400メートルでの最速を競う通称ゼロヨンレース界の、てっぺんとったんで!!って事ですね。」

「いや、NMB風に言われても・・・」



「とは言え、実はこのゲームの醍醐味はレース部分ではないんです。



 そこに至るまでの過程こそが、マーベラスなんです!!」


「え、なに、どういうこと?」
「ふふふ、いいでしょう。これからたっぷりとその身体に、刻みこんでいくとしましょうか ( ̄ー ̄)
「セリフがいちいち気持ち悪いな・・・」


慟哭 そして・・・ 『真理絵先生』



     慟哭 そして・・・ 『ノーマ』




「このゲームは、様々なコマンドをプレイヤーが選択することで、日にちが進行していきます。」
「予想外のアドベンチャー。」
「そうなんです。このゲームは『アドベンチャーパート』『レースパート』の2つのパートで構成されているんです。」
「なるほど。」
「ちなみに、ゲームの流れを大まかに示すと」





        @  アルバイトをして、お金を貯める。


        A  マイカーを購入する。


        B  購入した車をチューンナップして、ゼロヨン仕様に改造する。


        C  準備が整ったら、ゼロヨンレースにエントリーする。


        D  そのレースで勝ち進む事で、自身のランキングが上がり、上位ランカーとの対戦が可能となる。


        E  よりタイムを縮めるため、アルバイトをして新車を購入する。




「基本的には、これの繰り返しになります。」
「ってか、アルバイト?そんなとこからやらないといかんの!?」
「そらそうでしょ。車を買うのに、お金がなきゃどうしようもないでしょうが。」
「いや、ゲームなんだから、そんなとこにリアル感出さなくても・・・」
「なけなしのアルバイト代で車を購入した後は、その車をゼロヨンレース仕様にチューンナップしていきます。」





     




「高っけ!?」
「車のパーツってこんなにするんだ!?」


「チューンナップのバリエーションは、どの車種の場合も同じなのですが

 改造する車によってパーツにかかる金額が異なるので、フルチューンナップするには数百万円以上のお金がかかります。」

「数百万円て・・・。もはやレースどころか、アルバイトだけでゲーム終わっちゃうじゃん・・・」


「確かにゲームの多くはアルバイトが占めますが、このゲームの名作たる所以は

 本来であれば作業となりがちな事でも、その1つ1つに飽きさせない工夫が施されているところなんです。」






     




「アルバイトは、『ゲーセン』『警備員』の2種類から選べます。」
「ゲーセンって響きに、何だか時代を感じるな・・・」
「ちなみに、ゲーセンでアルバイトする場合は、ミニゲームを楽しむ事も出来るんです。」





慟哭 そして・・・ 『真理絵先生 殺害』



     





「遊び心凄いな。」
『TRUBO GO!GO!』は、しっかり作り込まれたレースゲームで、普通にじっくり楽しめる完成度となっています。」
「まさか、こんなおまけゲームで、本編より先にレースゲームの醍醐味を感じさせられるなんて・・・」
「そして『UFOピッチャー』の方は、さらに手の込んだ作りになっていまして。」
「ふむふむ。」
「3回連続で、ぬいぐるみのゲットに成功すると・・・」
「すると・・・?」











「ぬいぐるみが、パンティーに変わります。」




「遊び心が過ぎるよ。」



「こういった細部に至るまでの、こだわりが素晴らしいですよね? (≧▽≦)
「いや、同意を求められても...」
「ちなみにもう1つの警備員のアルバイトは、異常がないか部屋を1つ1チェックして回るのですが。」
「ふむふむ。」
「何部屋もチェックしていると、たまに・・・」
「たまに・・・?」





慟哭 そして・・・ 『真理絵先生 殺害』



     





「泥棒と戦闘になります。」



「ド、ド、ドラクエ!?」




「通常の『泥棒』であれば、運がよければ倒す事も可能ですが

 低確率で遭遇出来る『メタル泥棒』は、丸腰で倒す事は不可能なので、こちらも装備を整えておく必要があります。」

「まてまてまてまて。」
「お?飛龍革命を起こした際の、藤波辰爾の名言ですね☆」
「だから、プロレスネタは全くわかんないってば・・・」
「っつーか、もうさっきから完全に迷子だって。 何で急にRPGみたいになってんの!?」
「遊び心ですね。」



「遊び心とかの前に、メタル泥棒ってなんだ!?」






「トランキーロ!!」



「ビクッ!? ΣΣ(゚д゚lll)
焦んなよ!今から順番に説明していくって、カブロン!!」
「・・・・・・・・・・・・。」





     




「『装備品』は、通販雑誌をチェックして購入します。」
「通販雑誌を見て電話で注文するなんて、何だか時代を感じるな・・・


「通販の商品は、毎週ランダムで入れ替わっていくので

 欲しい物をすんなり手に入れられるわけではないので、雑誌のチェックはこまめに行いましょう☆」

「・・・・・・・・・・・・。」
「ってことで、先ほどの『メタル泥棒』退治の必須アイテムは、『木刀』と『くさりかたびら』の『魔寄せの鈴』の3つです。」
「ってか、何で通販で『くさびかたびら』が売ってんだよ・・・」
「『魔寄せの鈴』で、泥棒との遭遇率を高め、『木刀』と『くさりかたびら』を装備して、自身の攻撃力と守備力を強化しましょう。」
「一体、さっきから何のゲーム紹介を受けているんだ・・・」
「あとは不要ですが、『使用済×××』とか、『イケイケガールズのビデオ』等も手に入るので、思わずニヤリですよね ( ̄ー ̄)
「・・・・・・・・・・・・。」
「当然、ゼロヨンレースで有利となるアイテム(パーツ)もありますので、ご利用は計画的に、ですよ。」
「ってか、さっきからその肝心のレースの話がでてきてなくない?」
「あはは、だから言ったでしょ。レースはおまけだって。
「レースがおまけのレースゲームって一体なんだ・・・」
「それじゃあ、ぼちぼち『レースパート』について解説していくとしましょうか。」





慟哭 そして・・・ 『笹本梨代』



白川子鈴     




「レースにエントリーして、そこで勝ち上がることで、自身のランキングを上げていきます。」
「ふむふむ。」
「そのランキングが5位まで上り詰めると、そこからは個性豊かな四天王とのタイマンバトルになります。」
「なるほど。」
 




   @ ランキング5位 『高橋タカヒロ』
 
 




   A ランキング4位 『伊集院マサオミ』

 
   


   B ランキング3位 『松永マミ』

 
   


   C ランキング2位 『佐藤 リョウイチ』

 
「おっ、ランキング3位のキャラクターは女子なんだね。」
「おっ、いいとこに目をつけましたね(≧▽≦)
「いや、別に褒められても・・・」
「それはそうと、このキャラと対戦する前に、ある条件を出されるんです。」
「ある条件?」
「そうです。その条件がこれです。」





慟哭 そして・・・ 『笹本梨代』




「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「つまりはこれはですね。」





「トランキーロ!!」



「おっ!?」
「つまりは、2秒遅れでも勝てるくらい最速のマシーンにチューンナップしとけってことだろ!!


「ザッツライ!!」






慟哭 そして・・・ 『笹本梨代』   慟哭 そして・・・ 『笹本梨代』




「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」





慟哭 そして・・・ 『笹本梨代』   慟哭 そして・・・ 『笹本梨代』




「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」





「・・・・・・時は来た!!」









「それだけだっ!!」








『慟哭』 青木千砂×羽鳥いつみ Hシーン



慟哭 『笹本梨代』 パンチラシーン     慟哭 『ノーマ・ウェンディ』 パンチラ&ブラチラ








「トランキーロ!!」







「トランキーロ!!」








慟哭 そして・・・ 『笹本梨代』




「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」



ぶはっ!! .;`Σ(´〃`*)





ぶはっ!! .;`Σ(´〃`*)


「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・ということで、いかがだったでしょうか、『ゼロヨンチャンプ』レビュー (鼻血を拭きながら)。」
「だったでしょうか (鼻血を拭きながら。」
「今回のレビューを通じて、このゲームの魅力が皆様に少しでも伝われば幸いです(鼻血を拭きながら)。」
「幸いです(鼻血を拭きながら)。」
「何はともあれ、レースパートは当然のこと、アドベンチャーパートも遊び心満載で、最後まで飽きずに楽しめる作品だと断言できます。」
「ラストの衝撃で全てぶっ飛んだけど、名作ゲームの1つに加えても間違いない完成度ではあったね。」
「何よりも、限界まで速さを追求せずにはいられなくなるレースゲームでしたね。」
2秒ハンデを与えても勝てるくらいの速さを追求したくなるね。」
「激しく同意。」
「ホント、それな。」
「ただ、操作に慣れない最初のうちは、レースに勝つことにも苦労すると思うので、まずは目指せ初勝利ですよ。」
「だね☆」
「ですです☆」
「ところで雪ちゃんは、いつになったら自分の人生で初勝利をあげられるの?
「あ、あぅ・・・・・」
「34年たっても、未だに未勝利戦にエントリーしてるなんて、競馬の世界だったらとっくに馬肉になってるよ?
「ト、ト、トランキーロ。あ、焦んなよ、ですよ・・・」



「いや、マジで焦った方がいいよ。」


「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・・・。」
「え、えっと、それではこのあたりで、このレビューも締めるとしましょうかね。」
「あいあい。」
「それでは最後に、このゼロヨンチャンプについて、3つ言わせて下さい。
「パチパチパチ。」
「1つ!」
「ひとーつ!!」


「このゲームは、ゲームを構成する全てにおいて制作者サイドの愛情たっぷりに作られている!!」

「作られている!!」
「2つ!!」
「ふたーつ!!」


「このゲームには、一切の無駄がなく、最後までアクセル全開で楽しめるのである!!」

「楽しめるのである!!」


「3つ!!!」

「みっつ!!」
「特にありません。」
「一体、誰がこのネタわかるんだよ・・・」
「ってことで、このゼロヨンチャンプは!!」
「ゼロヨンチャンプは!!」
「他のレースゲームとは!!」
「レースゲームとは!!」





「レベルが違うんだよ!!」







応援クリックして下さると、励みになります。
別窓で開きます
(人゚∀゚).+
  
 



▲Page TOP


遊べるPCゲーム トップ


HOME

Copyright © 2005 Yukina. All Rights Reserved.